茨城ガジェット部

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城ガジェット家

茨城県水戸市でブログを書いています。カメラやガジェット、子育ての話題が中心

Youtubeが60fpsに対応!さっそくPhantom空撮をアップロードしてみた

ネットニュース 空撮 映像 DJI Phantom

10月30日からyoutubeでの60fps再生・アップロードが可能になりました。
対応ブラウザはGoogle ChromeもしくはSafari。HTML5プレイヤーを使う事が条件となるようです。

FPSって何…?

FPSはFrame Per Secondの略で、1秒間あたりのコマ数を表す単位です。 少しずつ違った静止画を高速で何枚も見せることによって、映像が動いて見えるわけですが(いわゆるパラパラ漫画の原理)youtubeの場合は今までは30fps,つまり1秒間に30枚の画を表示するのが限界だったのが、これからは60fps、倍のコマ数を表示できるようになります。 対応した動画には画質設定の部分に60の文字が入ります。

720P

これで何が変わってくるかというと、動画の滑らかさ(ヌルヌルさ、と言われることもありますね)
動きの多いものが被写体の時、特に印象が変わってくるかと思います。

もうすでにyoutubeでは60fps動画が多数アップロードされているようですが、多くはゲームの動画のようです。
実写のものはまだまだ少ないかなと思い、先日DJI Phantom 2 Vision+を飛ばした時に60fpsで撮影したものがあるので、早速こちらをアップロードしてみました。PC版のChormeかSafariでご覧ください。

海なのであまり景色が変化しないという問題点はありますが(^^; 波打ち際などが滑らかに動いているのが分かるかと思います。(スマホでは30fpsのままのようです…)

DJI Phantom2 Vision+をちょっとだけパワーアップ

なお今回のDJI Phantom 2 Vision+、ちょっとだけパワーアップしています。
Phantomシリーズのブログでは大御所、トイオジサンのブログにあった情報。機体の受信アンテナを斜め方向に取り付け、送信機のアンテナと平行にすることで、電波の到達距離が伸びるというもの。

phantom2

試してみると、確かに安定して距離が伸びています。 この日のテストでは距離750mくらいまで操縦可能でした。

DSCF2347

電波到達距離もアップしたということで、次は海以外の場所でも飛ばしてみたいですね。