茨城ガジェット部

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城ガジェット家

茨城県水戸市でブログを書いています。カメラやガジェット、子育ての話題が中心

孤独のグルメでおなじみ 浅草の甘味処梅むらに行ってきた

お店ログ グルメ

本日は東京出張。ちょっと時間が空いたので久しぶりに浅草まで行ってきました。 ここは相変わらず観光客が多いですねー。一時期減っていた外国人観光客も戻って来たどころか、以前より増えているような気がします。

浅草といえば甘味、和風も洋風も様々なものが充実しているところです。そんな中、今日行ったお店はこちら。

甘味処 梅むら

孤独のグルメ第3話で、ゴローちゃんが浅草のお客さんに教えてもらって尋ねるお店です。

DSCF2458

浅草寺の裏、という表現でいいんでしょうか。言問通りをはさんだ細い路地の間にある小さなお店です。

DSCF2461

お店の中もそんなに大きくはありません。休みの日は行列ができるほどですが、今日は時間帯もありお客は私だけ。

DSCF2463

メニューはこんな感じ。基本的にはみつ豆のお店です。かき氷は季節を問わず食べられるみたい。
本日は一番シンプルな豆かんてんを注文しました。

DSCF2462

豆と寒天、黒蜜だけというごまかしのきかないメニュー。
この豆が大きくてふっくら柔らかい!黒蜜もそれほど甘くなく、寒天に馴染んですごく食べやすいです。
浅草で豆かんてんというとこのお店と梅園が有名ですが、梅園のは蜜がちょっと甘いんですよね。

goro

まさにこんな感じ(笑)ほんと梅むらの場合は豆をいただくという感じかな。

DSCF2456

余談ですけど、ここのすぐ近く(同じ通り)にアニマル浜口のジムがあります。気合が入ってます。

DSCF2467

原作にもあるセリフですが、梅むらのあるあたりは同じ浅草といっても雰囲気のまったく違う、昔ながらの下町感ただよう所です。
浅草観光に行った時は、ちょっと足を伸ばしてこういったお店を楽しむのもいいかもしれません。

孤独のグルメ【新装版】

孤独のグルメ【新装版】

孤独のグルメ 巡礼ガイド (扶桑社ムック)

孤独のグルメ 巡礼ガイド (扶桑社ムック)