茨城ガジェット部

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城ガジェット家

茨城県水戸市でブログを書いています。カメラやガジェット、子育ての話題が中心

花嫁専用自撮り棒!?ゼクシィの付録が攻めまくってる件

ガジェット 結婚

雑誌の付録もここまで来たというべきか、自撮り文化もここまで来たというべきか。結婚情報誌「ゼクシィ」の2015年9月号に「花嫁専用自撮り棒」が付録として付いてきます。

知り合いが掲載されているということでちょっと気にはなったんですけど、まさか自撮り棒がついてくるとは。というわけで買っちゃいました。

IMG_3981

去年結婚式を挙げるという時に1回だけ買ったなぁ…。

購入したのは水戸の本屋さん。首都圏版と茨城・栃木・群馬の北関東版の2種類があり、北関東版のほうがちょっと安かったです。300円(税別)ってすごくない?

結構よくできてる、花嫁専用自撮り棒

IMG_3979

こんな感じで箱に入っている自撮り棒。花嫁専用というのがいろんな意味でハードル高そうなんですがそれは。

IMG_3978

中身はこんな感じ。スマホの支えとジョイントが別になってます。パーツをくっつけるだけの簡単な作業。

IMG_3976

というわけで組み立ててみましたー。サイズ的にはiPhone6がぴったりですね。シリコンゴムで留めるという単純かつ明快な作り。

IMG_3975

普通の自撮り棒と違うのは、角度が固定されていることですかね。縦回転(チルト)はできませんが横に角度を付けることはできます。作りが結構しっかりしているので上下に角度をつけて持っても意外に大丈夫。

IMG_3977

スティック部分の長さは細かく調節することが可能。全長は48cm(しあわせ)だそうです。思ったより長くなりますね。あと1cm長かったらえらいことになります。

シャッターを押す機構などは付いていないので、セルフタイマーを使うか外部のシャッター装置を使うことになります。幸いにしてiPhoneにはこの手のアクセサリは有線・無線ともに豊富。

というわけでゼクシィの付録、花嫁専用自撮り棒の紹介でした。雑誌の価格を考えるとかなり丁寧な作りだなというのが正直な印象。購入するハードルはちと高いかもしれませんが。とりあえず娘を撮ってみようかな。ではではー。

ゼクシィ首都圏 2015年 9月号

ゼクシィ首都圏 2015年 9月号

こちらの記事もどうぞ