茨城ガジェット部

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城ガジェット家

茨城県水戸市でブログを書いています。カメラやガジェット、子育ての話題が中心

Google先生でもわからない!?茨城の風習「おみちあけ」とは

茨城 子育て

おみちあけ、という言葉をご存知でしょうか?赤ちゃんが生まれて初めて行った家で、帰りに渡されるお金のことです。どうやら茨城県、しかも県央〜県北くらいの風習らしいんですけど、なんとGoogle先生に聞いてみてもそれらしい記述のあるページが出てこないのです。

おみちあけ=お道開け?

赤ちゃんが生まれて、よその家に初めて行ったときに、「ここまで来た道をわすれないでね」という意味で少しのお金を渡します。金額はそんなに多くなく、数千円くらい。

…というのが私の知っている「おみちあけ」のすべてなんですけど、これで果たしてあっているんでしょうか(汗)

photo by Tilman.me

漢字で書くと多分「お道開け」になるんだと思います。「道開け」の意味は大辞林によると ① 道路が開通すること。 ② 交際を始めること ということなんですが、赤ちゃんの風習に関しては特に説明がありません。

今年のはじめ、嫁と娘が里帰り出産から水戸に戻ってきて、私の親の家に行った時にもらったのが私(というか娘か)にとって最初の「おみちあけ」でした。うちの親や親戚以外でももらったことはあるので、私の一族に伝わる奇習というわけではなさそうです。

もちろんこの風習、岐阜生まれの嫁は全然知りません。茨城だけの風習なのかな、と思ったんですが同じ茨城県内の人でも知らない人が多いみたい。どんだけピンポイントな風習だよ。

Google先生すら知らない

さらに驚いたんのが、Google先生やWikipedia先生で検索しても「おみちあけ」に関する記述が出てこないこと。ヤフー知恵袋で質問が出ていたくらいです。 ということは「おみちあけ」について書いたこの記事が世界中でオンリーワンということになります。果たしてニーズはあるのか。

ここで突然みなさんにアンケート。みなさんの住んでいる地域にこの「おみちあけ」、またはそれに似た風習って何かあるでしょうか。あるよーという方はコメント欄かはてなブックマークのコメントで教えていただけると嬉しいです。特に何かあるわけではないけど、グリーンスターつけようかと思います。

というわけで、茨城に伝わる謎の風習、おみちあけについてでした。ではでは。

県民性マンガうちのトコでは

県民性マンガうちのトコでは