茨城ガジェット部

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城ガジェット家

茨城県水戸市でブログを書いています。カメラやガジェット、子育ての話題が中心

「かがみのえほん」がものすごく面白い!子供はもちろん大人も楽しめます

子育て ガジェット

開くと片側が鏡になっている絵本、「かがみのえほん きょうのおやつは」を購入しました。立体的に見える本にびっくり!子供はもちろんのこと、大人も不思議な視覚効果を楽しめます。

IMG_2627

鏡のように反射するピカピカの紙でつくられた絵本です。絵本を開くと、両側のページの絵が互いに映りこみ、驚くほど立体的に見えます。 鮮やかな色彩の美しいにじが、ページをつらぬいて向こう側にくぐりぬけたり、どんどんふえて、互いにからみあったり……。 鏡の効果が生み出す三次元空間で、卵の白身がとろりと流れ落ち、ゆげがふわふわと広がります。

つかさちずる (id:tukatukasa) さんも購入してました、最近ネットで話題になっていたこの絵本。嫁が興味津々だったので早速Amazonさんで注文しました。

かがみのえほん きょうのおやつは

ぜひ実際に手にとって、絵本を開いてみて下さい。ページとページが90°で向き合うように開くのがコツです。読み聞かせるときは、お子さんを膝の上に座らせて、同じ目線から読んで下さいね。

IMG_2628

絵本の仕組みとしては、片方のページに鏡(銀紙)が貼ってあって、片方の絵が反射して立体的に見える…ということのようです。

IMG_2630

実際にページをめくってみて、嫁も私も思わず「おおー」と声をあげてしまいました。鏡面側のページにも絵が書いてあって、反射した絵と合わせて本当に奥行きがあるように見えます。

鏡に映った絵は、鏡面の加工のせいでちょっとボケて見えるのですが、それが却ってレンズのボケのような味を出しています。

開き方やこっちの視点によって立体感が増すのも面白い所。ビデオで撮ってみましたけど雰囲気が伝わるでしょうか。

試しに娘に見せてみた

IMG_2613

娘に見せてみたところ、鏡に自分の姿が映っているからでしょうか、ものすごく不思議な顔をしていました。絵に書いてあるものをつかもうとしたりして、興味をもってくれたのは間違いないようです。

絵本の世界も日々進化してます

折りたたんだ紙が入っている、いわゆる「とびだすえほん」は昔からありましたけど、これはまた違った方面からのアプローチ。子供用の絵本といってもばかにできません。

この絵本の作者さん、渡邉 千夏さんはグラフィックデザイナーとしてメーカーに勤務したあと、大学院で「しかけの視覚伝達デザイン」をテーマに作品を製作しているそうです。なんか色々納得。こういう「しかけ」を考えるのって大変だけど面白そうですよね。

というわけで子供も大人も夢中になれる、「かがみのえほん」の紹介でした。ではでは。

きょうの おやつは かがみのえほん (福音館の単行本)

きょうの おやつは かがみのえほん (福音館の単行本)

ふしぎな にじ かがみのえほん (福音館の単行本)

ふしぎな にじ かがみのえほん (福音館の単行本)