茨城ガジェット部

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城ガジェット家

茨城県水戸市でブログを書いています。カメラやガジェット、子育ての話題が中心

茨城ご当地ラーメン、スタミナラーメンを食す ラッキー飯店

お店ログ グルメ 茨城

昨日のエントリが軽くバズっててちょっとびびっている小心者のhirohiroslopeでございます。今日も引き続き食べ物の話題。
茨城のご当地ラーメンにスタミナラーメンというものがあります。普通にラーメンと思って注文すると「え…何これは(ドン引き)」となるような代物なのですが、 一度はまるとこれがかなりの中毒性。

Wikipedia先生によるとこのような定義とされています。

キャベツ・人参・かぼちゃ・味付けレバー(店によってはホルモン等)による具で構成された甘辛い餡を作り、醤油ラーメンの上にそのままかけるメニュー(ホット)と、出来上がった餡を、冷水で締めた麺に直接かけるメニュー(冷やし)が存在する。 要望に応じて追加料金でいくらでも大盛りにするのも特徴で、4玉(普通盛りの4倍)以上を完食すると、記念として壁に名前が掲載される店が多い。

IMG_6040

ということで、今日は嫁を連れてスタミナラーメンのお店、水戸市元吉田町の「ラッキー飯店」に行ってきました。
何かこう、昭和を感じさせるたたずまい。お店の中に入るとさらにタイムスリップ感がハンパないのです。

IMG_6043

このお店、メニューはスタミナラーメンの「冷やし」と「ホット」、あとなぜか味噌ラーメンのみという割り切りすぎた品揃え。おお〜!あンた男だよォ〜っ!

f:id:hirohiroslope:20140809190040j:plain

こちらスタミナラーメン通常盛り(730円)。大盛りにしなかったのは、嫁が食べきれなかったらそちらを食べればいいかなと思ったからなんですが…。
完食されちゃいました。しかも嫁はレバーが苦手で、料理に入っていると大抵よけて食べるんですけど、このカラッと揚げてあんかけにしてあるレバーは問題なくいけたようです。
キャベツ、ニラ、人参、カボチャと何気に野菜も豊富。嫁も私も大満足でした。

なお、このスタミナラーメン、店によって少しずつ味のアレンジに違いがあるようです。
ここラッキー飯店は割とピリ辛のあんかけが特徴的。
他にも甘めのあんとか、もうちょいスープが多めの所とか、
茨城でスタミナラーメンに挑戦する際は、店によるこういった味の違いを楽しむのもいいかもしれません。