茨城ガジェット部

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城ガジェット家

茨城県水戸市でブログを書いています。カメラやガジェット、子育ての話題が中心

読みたい本で自分を表現する。ニコニコカドカワフェア2015【50%OFF】

ネットニュース アニメ・漫画

Kindle版の対象タイトルが50%OFF、あるいは50%のポイント還元になるニコニコカドカワフェア2015。すでにいろんな人がブログでオススメ本を紹介しています。どれ私も、と思ったんですが闇雲にリンクを貼っていってもきりがありません。、Twitterでちょっと前にはやった #本棚の10冊で自分を表現する 風にしてみました。

読みたい、読んでもらいたい本10冊で自分を表現してみるよ

武器としての書く技術 (中経出版)

武器としての書く技術 (中経出版)

やはりブロガーとしては外せない。賛否両論のイケダハヤト氏ですが、この本は読んでおいたほうがいいです。

情報の「捨て方」 知的生産、私の方法 (角川新書)

情報の「捨て方」 知的生産、私の方法 (角川新書)

日本マイクロソフトの元社長、成毛さんの著書。こちらもブロガー向けかな?目からウロコの発想がいっぱい。

コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法<コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法> (中経☆コミックス)

コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法<コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法> (中経☆コミックス)

ベストセラーになった同タイトルのコミック版。コミック部分→解説となっているので解りやすい。続編も2冊出ています。

エンタテインメントの作り方 (角川学芸出版単行本)

エンタテインメントの作り方 (角川学芸出版単行本)

貴志祐介氏初の実用書、だそうです。なんか意外な感じ。文章の作法についても書かれていて、これがものすごく具体的で参考になります。

光圀伝 電子特別版 (中)<光圀伝> (角川書店単行本)

光圀伝 電子特別版 (中)<光圀伝> (角川書店単行本)

最近色々ありました、冲方丁による徳川光圀の物語。水戸市民としてこれは入れないわけにはいきません。ただドラマ化はどうかなぁ、という内容ではあります(映画向けかもね)。

新米ママとパパのための 赤ちゃんの気持ちがわかる本 (中経の文庫)

新米ママとパパのための 赤ちゃんの気持ちがわかる本 (中経の文庫)

子育て枠(笑)。こういう本があるってだけでちょっと気持ちが楽になったりするんですよね。特にパパさんにおすすめ。

ガジェット愛がとまらない<ガジェット愛がとまらない> (コミックエッセイ)

ガジェット愛がとまらない<ガジェット愛がとまらない> (コミックエッセイ)

ガジェット系ライターといえばこの人、スタパ齋藤さんのコミックエッセイ。「さすがにここまでは」というのと「あるあるw」というのが混在していて面白いです。

涼宮ハルヒの憂鬱<「涼宮ハルヒ」シリーズ> (角川スニーカー文庫)

涼宮ハルヒの憂鬱<「涼宮ハルヒ」シリーズ> (角川スニーカー文庫)

やっぱり最初のハルヒはSFとしてものすごく良く出来てる(謎の上から目線)。意外に原作読んだ人が少ないらしいのでこの機会に是非。

時をかける少女 角川文庫

時をかける少女 角川文庫

発表は1967年、現在に至るまで何回も映像化されてきました。原作は短編なのでさくっと読めます。後の映像作品で「ああ、このシーンは原作こここのオマージュなんだ」ってのが解ります。

全14巻のまとめ買いでこの価格!2015年と時代が追いついてしまった現在、アニメ版との違いを比べながら楽しむのが吉。

というわけで 他人にオススメする10冊を角川縛りで選ぶのは結構大変だけど面白かったです。ニコニコカドカワフェア2015は10月17日まで。買いたい方はいそぎましょー。 それでは、またー。