茨城ガジェット部

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城ガジェット家

茨城県水戸市でブログを書いています。カメラやガジェット、子育ての話題が中心

iPhone 6s Plusを購入!Live Photosが子供撮りに便利すぎて震える

iPhone カメラ

iPhone 6s Plusを購入しました。前機種のiPhone6には特に不満もなく使いまくっていたんですけど、ちょっとその、落っことして画面がパリンといっちゃいまして…。どうせなら画面の大きいPlusに乗り換えようと思ったわけです。

大きいは正義

IMG_8188

でiPhone 6s Plus、使う前はちょっと大きすぎじゃね?と思ってたんですけど、実際に持ってみると意外としっくりきます。操作も片手で出来ないことはないし(手の小さい人だと大変かも)、すぐに慣れました。逆にiPhone6の画面が小さく感じられたりして、慣れってこわい。

カメラはどう変わった?

カメラは6→6sになって、800万画素から1200万画素になりました。ただ実際撮影してみると、あまり決定的な違いにはならないかな…というのが正直なところです。まぁ元々画質良かったしね。

Plusには光学式手ぶれ補正レンズが搭載されているということで、その違いを試してみました。

IMG_8200

こちらがiPhone6。ISO感度とシャッタースピードに注目してみてください。ISO1000と盛大に上がっています。

IMG_8356

こちらがiPhone 6s Plus。暗い場所でも手ぶれ補正が効くおかげで、シャッタースピードが1/4まで遅くなっています。その分感度が低く抑えられるので結果的にノイズの少ない高画質で撮影する事が可能になります。また6s Plusになって動画撮影時にも光学式手振れ補正が効くようになりました。動画好きの私としてはたまらない改善点。これはまた今度試してみたいと思います。

新機能Live Photosがものすごい便利

そしてiPhone6s / Plusに追加された新機能、Live Photos。私にとってはこれが最大の新機能。シャッターを押す前と後、1.5秒ずつ(合わせて3秒)を動画にしてくれる機能ですが、こいつが子供の撮影にものすごい力を発揮します。

IMG_8263

Live Photosをオンにして新幹線を撮ってみました。うん、ちょっとシャッターチャンス逃してる感ありますよね。

f:id:hirohiroslope:20151104230638g:plain

シャッターを押した前後の動画がこちらです。今回はアニメーションGIFにしてみました。

こんな感じで前後の様子(音も!)がわかるのでシャッターチャンスを逃しても大丈夫。

前回の記事にid:Pikkyさんからコメントを頂いたんですけど、子供ってじっとしていないし、表情がくるくる変わるのでいつ撮ればいいのか分からないんですよね。とりあえずシャッターの前後3秒間が撮れていれば一連の動きがわかります。この「ベストのタイミングを逃しちゃったかも」というストレスから開放されるのはすごく大きいです。

というわけでiPhone 6s Plusを購入したよという記事でした。Live Photosやカメラの新機能はもうちょっと書きたいことがあるんですが、なんせ今出張先なので。ではでは、またー。