茨城ガジェット部

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城ガジェット家

茨城県水戸市でブログを書いています。カメラやガジェット、子育ての話題が中心

【安定】茨城県の魅力度ランキング、今年も最下位(3年連続6回目)

茨城 ネットニュース

なんか去年も同じような記事書いたな〜という既視感しかありませんが…ブランド総合研究所により地域ブランド調査2015で、茨城県は今年も最下位と相成りました。

大仏さまもこの表情。

地域ブランド調査 2015 最も魅力的な市区町村は 2 年連続で函館市。北海道は7年連続

茨城の「魅力度」またも最下位 1位は7年連続の北海道:朝日新聞デジタル

地域ブランドの調査・コンサルタント会社「ブランド総合研究所」(東京)が30日に発表した都道府県別の魅力度で、茨城県が3年連続の最下位になった。今春のJR上野東京ライン開業で都心から行き来しやすくなったとキャンペーンを展開したが、思うようにはいかなかった。1位は7年連続で北海道だった。

http://tiiki.jp/news/wp-content/uploads/2015/09/newsrelease20151.pdf

f:id:hirohiroslope:20151001104254j:plain

46位の佐賀県に1.7ポイントの差を付けてぶっっちぎりの単独最下位。さすが茨城、格の違いを見せつける。

もうこのランキング「とりあえず茨城最下位にしておいて」から始まってない!?ちょっとポイント低すぎんよー。

ホントにアピール下手の問題?

県の担当者は「かつては『最下位』が話題になって良かったが、こう何回も続くと悪いイメージが定着してしまう」。茨城出身で県の魅力をPRする「いばらき大使」を務めるタレント、アントキの猪木さん(42)は「茨城県は農業大国で生活も豊か。現状に満足しちゃっている県民が多く、アピール下手がネックなんでしょうね」と話した。

なんかここまで来ると、単純にアピール下手っていう問題ともちょっと違う気がする。このランキングは全部で77項目の調査から成るそうで一度細かい資料を見てみたいんですけど

f:id:hirohiroslope:20151001104308j:plain

うーん、いい商売してますなぁ。

茨城ガジェット部は茨城県を根拠なく応援します!

この「茨城ガジェット部」、外から積極的に観光客を呼び込もうという目的では書いていません。 このブログを見て、「ああ、茨城にもこういう所があるのね」とか、「ちょっと茨城行く機会があるからこれ食べてみよう」くらいの覚え方をしてもらえればいい、そのくらいのスタンスです。 県や市の観光課では絶対できない紹介の仕方という事で。 住んでいる人が言うのもなんですけど、いい所ですよ、茨城県。

去年の記事そのまんまの言葉で締めたいと思いますが、この思いは基本変わってないですね。

というわけで茨城県の魅力度ランキング、今年も安定の最下位という記事でした。ではでは、またー。

るるぶ茨城 大洗 水戸 笠間’15 (るるぶ情報版(国内))

るるぶ茨城 大洗 水戸 笠間’15 (るるぶ情報版(国内))