茨城ガジェット部

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城ガジェット家

茨城県水戸市でブログを書いています。カメラやガジェット、子育ての話題が中心

【悲報】茨城県の魅力度ランキング、今年度も最下位(2年連続5回目)

ネットニュース 考え方 茨城

今年も発表されました、株式会社ブランド総合研究所による「地域ブランド調査」。
茨城県はさすがというかやっぱりというか、今年も堂々の最下位で御座います。
2009年に都道府県ランキングが発表されるようになってから、ずっとこの位置を保っております。

「地域ブランド調査2014」は、1,047の地域(1,000市町村、及び47都道府県)を調査対象とし、全国3万人が各地域のブランド力を徹底評価する日本最大規模の消費者調査です。 2006年に調査を開始し、毎年実施しているもので今回で9回目の実施となります。

調査はそれぞれの地域に対して魅力度、認知度、情報接触度、各地域のイメージ(「歴史・文化のまち」など14項目)、情報接触コンテンツ(「旅番組」など16項目、「ご当地キャラクター」などコンテンツ6項目)、観光意欲度、居住意欲度、産品の購入意欲度、地域資源の評価(「街並みや魅力的な建造物がある」など16項目)などを質問。また、出身都道府県に対する愛着度、自慢度、自慢できる地域資源など出身者からの評価などを調査。調査項目は全100項目に及び、各地域の現状を多角的に分析できます。

こちらのサイトに各県の順位とポイントが掲載されていますが、ブービーの群馬県に2.3ポイントの差をつけて安定の47位。他の県は0.1ポイント単位で順位の勝負してるんですけど。
ここまで来るともうわざとやってるんじゃないかとしか思えないスコアリングです。

いつまで魅力度ランキングで消耗してるの?

1位の北海道、2位京都府、3位沖縄県という順位はまあ当然っちゃ当然ですよね。
対抗して茨城県も色々なプロモーションをしているにはしているんですけど。

f:id:hirohiroslope:20141006190528j:plain

なんかちょっと、「お、おう…」という感じが正直否めないところ。

茨城県に関しては、実際に住んでいる人の満足度は比較的高いので、そちらの方を推していくほうがいいんじゃないかなぁ。
(まったく知識ゼロで来た嫁には「いいところなのに宣伝がヘタ」というのは言われましたけど)。

Hirolog@茨城の意味

私のブログでも「@茨城」を冠している通り、茨城のいい所を紹介したいというのはあるんですけど、外から積極的に観光客を呼び込もうという目的では書いていません。
このブログを見て、「ああ、茨城にもこういう所があるのね」とか、「ちょっと茨城行く機会があるからこれ食べてみよう」くらいの覚え方をしてもらえればいい、そのくらいのスタンスです。
県や市の観光課では絶対できない紹介の仕方という事で。
住んでいる人が言うのもなんですけど、いい所ですよ、茨城県。