茨城ガジェット部

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城ガジェット家

茨城県水戸市でブログを書いています。カメラやガジェット、子育ての話題が中心

劇画・オバQを見て号泣したでござるの巻

雑記

今週のお題「おとな」

インフルエンザもようやく治りまして、今日から遅めの年明けでございます。なんか妙に周りとのクロックが合っていないというか、乗り遅れた感が半端ない。

さて先日のことになりますが、嫁と娘が里帰りから帰ってきました。帰ってきたといっても娘にとっては初めての茨城。慣れない気候は赤ちゃんには色々と大変そうです。色々ベビー用品を購入していたんですけれども、実際に使ってみると問題が出てきたりサイズが合わなかったりとトラブルも多発。はてなブログでも度々話題になりますけれども、子育てというものは予想以上に大変なのだなぁという事を早くも痛感しています。

そんな中、ちょっとノスタルジックに浸りたくなって
藤子・F・不二雄の漫画「劇画・オバQ」をニコニコ動画で見ていたら(著作権的にどうかという話はともかく)これがまぁ泣ける泣ける。

大人になりサラリーマンとなった大原正太(正ちゃん)と、15年ぶりに人間界に帰ってきたQ太郎が街角で再会する。正太は既に結婚しており、Q太郎はその家庭に居候することになるのだが、正太の妻は大食らいで厚かましい態度のQ太郎を煙たがる。そしてQ太郎が戻って来た事を知った西郷強(ゴジラ)が、かつての仲間達で飲み会を開く。やがて昔話に花が咲き、「子供の頃の夢よもう一度」と皆で誓い合う。 しかしほどなくして、正太の妻が妊娠していると分かり、昨日の誓いなどすっかり忘れて子供が出来たと浮かれて出勤する正太を見たQ太郎は、何かを悟ったように「もう皆子供じゃないんだ」と呟き、大原家を後にしてどこかへ去って行く。

劇画・オバQ - Wikipedia

自分に子どもができると、全然違う視点で見てしまいますね。

f:id:hirohiroslope:20150113185134j:plain

「そうか・・・・・正ちゃんに子供がね・・・・・」
「と、いうことは・・・・・」
「正ちゃんはもう子供じゃないってことだな・・・・・」
「・・・な・・・・」

藤子・F・不二雄大全集 SF・異色短編 1

藤子・F・不二雄大全集 SF・異色短編 1

SF・異色短編 2 (藤子・F・不二雄大全集)

SF・異色短編 2 (藤子・F・不二雄大全集)