茨城ガジェット部

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城ガジェット家

茨城県水戸市でブログを書いています。カメラやガジェット、子育ての話題が中心

「アオイホノオ」と人生の取り扱い説明書

ライフハック 考え方

普段はめったにテレビドラマを観ない私が、今期毎回チェック&録画まで行なっている番組がひとつあります。
漫画家・島本和彦の大学時代を扱った青春群像劇「アオイホノオ」。
原作の漫画も元々すごく好きで、ドラマ化を知った時からずっと楽しみにしていました。
柳楽優弥の暑苦しい演技が癖になってたまらんです。

ドラマ24「アオイホノオ」:テレビ東京ドラマ24「アオイホノオ」:テレビ東京

本日放送予定の回では、いよいよ「本当におかしい男」岡田斗司夫の登場です。
私はこの人の著作結構好きでよく読んでます。
多分、レコーディング・ダイエットの「いつまでもデブと思うなよ」が一番有名だと思うんですけど
それとは別に最近気になって読み返しているものがあります。
本自体は結構前に出たものですが

人生の法則 「欲求の4タイプ」で分かるあなたと他人 電子版

人生の法則 「欲求の4タイプ」で分かるあなたと他人 電子版

確か最初は「人生の取扱説明書」というタイトルだったかと思います。   何回か加筆修正を経て今の形になったようですが。

4タイプとは、大阪芸術大学客員教授岡田斗司夫氏により提唱された人間の欲求特性を定量的に分類する手法です。 人間の欲求特性、社会生物としての人間の本能を44問からなる比較的単純なテストをもちいて、 2つの特性(外向性・内向性、抽象的・具体的)を定量評価し、2次元グラフ化して表現します。

4タイプは人間を欲求のタイプにより4つに分類します。
欲求の方向が外向的か、内向的か
欲求の認識が抽象的か、具体的か の組み合わせで4つです。

テスト結果をグラフ上にプロットし、配置された象限から「注目型」、「司令型」、「法則型」、「理想型」という4種類の 欲求傾向に分類します。

小さいながらも会社を運営していると、やはり人の問題というのは常につきまとってきます。
うちのような個性的なメンバーがいる会社ではなおさら。
こんな時にこちらの考えを整理する時、この4タイプという考え方はすごく助かります。
この人とこの人は欲求が違うから、違うモチベーションが無いといけないとか
この人にはこういうタイプの仕事の進め方の方がいいとか。

もちろん、すべての人に当てはまるというわけでもなく、
また4パターンに奇麗に分けられるというものでもないのですが、
人間関係の悩みをシンプルに整理できる思考方法なので、非常に実用的です。
Kindleでも購入できるので、さくっと読んでみてはいかがでしょうか。