茨城ガジェット部

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城ガジェット家

茨城県水戸市でブログを書いています。カメラやガジェット、子育ての話題が中心

これで失敗しない!iPhoneで花火を綺麗に撮る方法

iPhone カメラ ライフハック

花火大会の季節が近づいてまいりました。最近私はスマホでの撮影に凝っていて、どうせなら花火もiPhoneで綺麗に撮りたいなと思っています。 ところがこの花火というやつ、被写体としてはなかなかのクセモノ。機能が限定されるスマホでは色々工夫をしないとうまく撮るのは難しい、ということで今回はiPhoneで花火をうまく撮るコツをまとめてみました。

iPhone4Sで撮影した花火。もう2年くらい前になるかな。通常で何も考えずに撮ると、だいたいこんな感じになると思います。

IMG_1118

まあいかにも携帯という感じ。ではどうすれば綺麗に撮れるかというと…

三脚で固定する

花火はスローシャッターで撮るのが基本なので、三脚の使用は必須です。スマホで使える三脚用アダプターとミニ三脚の組み合わせで十分。

AE/AFロックを使う

撮影してみるとわかりますが、花火って結構明るいんです。「何を当たり前のことを」と思うかもしれませんけど、暗い中に明るい光が突然現れると、大抵の場合真っ白にしか写りません。これを防ぐためにAE/AFロックを行います。

f:id:hirohiroslope:20150613215651p:plain

やり方としては、まず一発目の花火が大きく開いた時に花火に合わせてAE/AFロック(画面を長押し)。これでピントと露出が花火に合ったままロックされます。二発目が上がったらちょうどいいタイミングの時にシャッターボタンを押します。これで適切なピントと露出の写真が撮れるはずです。

シャッタースピードを設定できるアプリを使う

カメラアプリの中には、感度やシャッタースピードを設定できるものがあります。 おすすめは比較的最近リリースされた「Shoot」。スライダー形式で直感的に感度やシャッタースピード、ピントの調整が可能です。

また、数十秒の長時間露光が可能なアプリもあります。光が流れる様子を撮りたい場合にはこちらもおすすめ。

Slow Shutter!

Slow Shutter!

  • Lucky Clan
  • 写真/ビデオ
  • ¥240

ビデオで撮影する

実は最強の方法だったり(笑)。音が入っていると迫力も違いますしね。最近増えてきた、顔やハートの形をしている花火はビデオで観るほうがずっとわかりやすいです。

私はビデオの撮影は横向きを推奨しているのですが、花火だけはちょっと別。下からスッと上がっていって大きく開く花火を捉えるのには、縦位置のほうがダイナミックに撮影できます。

いい場所を確保する

最後はiPhone関係ねえだろ、という感じですが結構大切。撮影という点で考えるとミニサイズとはいえ三脚が固定できるスペースを確保できるかどうかがポイントです。隅田川花火大会などの都市型花火大会はこれが難しいんですよね。まあ、ビルの谷間から見える花火もそれはそれで風情があるかもしれませんが。

IMGP0155

というわけで、iPhoneで綺麗な花火の写真を撮る方法まとめでした。あとは失敗を恐れずにガンガン撮りまくること、何より花火自体を楽しむことですかね。ではではー。