茨城ガジェット部

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城ガジェット家

茨城県水戸市でブログを書いています。カメラやガジェット、子育ての話題が中心

改正航空法が施行されました。ドローンが飛行可能な場所の調べ方まとめ

空撮 仕事の話 DJI Phantom

12月10日、航空法の一部が改正され、ドローンの飛行ルールが新たに導入されることになりました。まあルール導入と言えば聞こえはいいけど、規制ですよね。

詳しくは国土交通省のホームページを見てもらえば分かりますが、ドローンの飛行許可が必要になる空域が設定されました。

無人航空機の飛行の許可が必要となる空域について

www.mlit.go.jp

(A) 空港等の周辺の空域
空港やヘリポート等の周辺に設定されている進入表面、転移表面若しくは水平表面又は延長進入表面、円錐表面若しくは外側水平表面の上空の空域
(B) 地表又は水面から150m以上の高さの空域
(C) 平成22年の国勢調査の結果による人口集中地区の上空

対象になるのは200g以上のドローンやラジコン機。DJI Phantom3は余裕で200gオーバーしています。

DJI PHANTOM 3 STANDARD (2.7Kカメラ標準搭載) P3S

DJI PHANTOM 3 STANDARD (2.7Kカメラ標準搭載) P3S

AとBに関しては以前からも規制の対象にはなっていたので、この部分については同じように注意すればいいのですが問題はC。どのエリアが「人口集中地区」なのかは一見しただけではちょっとわかりません。このエリア検索については、別のサイトで調べる必要があります。

統計センターのページで確認しよう

jstatmap.e-stat.go.jp

f:id:hirohiroslope:20151211194718j:plain

独立行政法人 統計センターのこちらのサイトから調べることができます。まずはお試し版にログイン。

f:id:hirohiroslope:20151211194732j:plain

地域を選択する画面が出るので、お住いの都道府県をクリック。

f:id:hirohiroslope:20151211194745j:plain

GoogleMapが表示されます。ここで画面右上のプルダウンメニューから「人口集中地区」のチェックを入れます。

f:id:hirohiroslope:20151211194755j:plain

赤く色がついた所が人口集中地区となります。どうやら我が家は人口集中地区に入っているみたい。ということは許可を得なければ飛ばせないということですね。まあ飛ばせるほどの庭はないけど。

f:id:hirohiroslope:20151211194820j:plain

試しに東京近辺を見てみましたが…うわあ真っ赤ナリ。許可を取ればいいものの、気軽に飛ばせる環境とは言い難いです。

飛行方法にも制限があります

自由に飛ばせる場所でも、以下のようなルールがあります。

  1. 日中(日出から日没まで)に飛行させること
  2. 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
  3. 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
  4. 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
  5. 爆発物など危険物を輸送しないこと
  6. 無人航空機から物を投下しないこと

これもまあ、致し方ないかなという感じ。仕事で撮影する場合には3.はクリアできますしね。

とりあえずルールはルール

今回の航空法改正、ちょっとなと思う部分もありますがルールはルールなので仕方ない。むしろ業者としては決まっている分やりやすくなったとも言えます。趣味でやっている人にはなかなか厳しいものではあります。 イベントなど人の多い所での撮影は、DJI OSMOのようなジンバルに延長ポールをつけたものの方がこれから主体になってくるんじゃないかなと思います。軽くて持ち運びしやすいしね。

DJI Osmo 3軸ハンドヘルドジンバル

DJI Osmo 3軸ハンドヘルドジンバル

というわけで航空法改正に伴う「人口集中地区」の調べ方についての記事でした。決まりを守って楽しいドローンライフを過ごしたいものですね。ではでは、またー。