茨城ガジェット部

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城ガジェット家

茨城県水戸市でブログを書いています。カメラやガジェット、子育ての話題が中心

ドローンの運用を格段に安全にする超便利アイテム

空撮 DJI Phantom

今日も今日とてドローンの話題です。仕事で空撮をすることになったのですが、話を聞いてみると割と低空飛行をしなきゃならないみたい。空撮は空中高く上がってしまったほうが精神的にはむしろ楽(ぶつかるものがないですから)なんですが、低空飛行での撮影はかなり神経を使うのです。

DJI PHANTOM プロペラガード(Phantom2&3対応)

DJI PHANTOM プロペラガード(Phantom2&3対応)

DJI Phantomシリーズには純正のプロペラガードもあるんですが、これはどちらかというとプロペラを保護するものという感じ。もうちょっと撮影の時によさ気なものがないかなーと思っていたら、こんなのを見つけました。

DJI Phantom用プロペラガード

http://www.ohsuhobbyshop.co.jp/index.php?main_page=product_info&products_id=7066www.ohsuhobbyshop.co.jp

本体とプロペラの周りをピアノ線?でグルッとガードしたような形。ショップのサンプル動画を見てみると、多少壁にぶつかった程度ではまったく問題ありません。ぷよんぷよんと反射する様がなんだかかわいい。

www.youtube.com

IMG_1153

早速購入したので付けてみます。周りのガードは、リングではなくピアノ線を曲げて差し込むような形。撮影時に映りこみが気になる場合は、前部分だけ取るなどの工夫もできます。

IMG_1230

プロペラガードをつけるためのアームはカーボン製。かなりしっかりした作りです。

IMG_1229

使わない時はこうやって折りたたむこともできます。なんか変身メカっぽいところが男ゴコロをくすぐりますね。ネットの情報によればこの状態でプロペラガードを付けずに飛ばすことも可能だとか。至れり尽くせりだね。

というわけで無事撮影を終えることができました(今回はお仕事なので空撮画像はありません)。ドローンの安全性が取り沙汰されている中、わずかなコストで大幅にリスクが低減できるこうしたアイテムは貴重です。何よりフライト中の精神的な安心感が段違い。

それにしても撮影先でみんなドローンという言葉を知っているのは今更ながら驚きました。そこまで一般的な言葉になってたのか。こりゃ今年流行語大賞もありうるな。