茨城ガジェット部

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城ガジェット家

茨城県水戸市でブログを書いています。カメラやガジェット、子育ての話題が中心

年末年始に買いたい、高級コンパクトデジカメ4機種まとめ

カメラ

ここ数年、にわかに活気づいている「高級コンデジ」路線。デジタル一眼は大げさだけどスマホよりちょっといい写真を撮りたい、そんなワガママな欲求を叶えてくれる素敵なジャンルです。というわけで今回は年末に買いたい・使いたい高級コンデジのまとめです。

ウチの嫁もそうだったんですが、デジタル一眼って写真が好きじゃないと使わなくなっちゃうんですよね。「たまにいい写真を撮りたい」という方には、コンパクトデジタルカメラの軽さ・小ささが何よりジャスティス。最近の高級コンデジはデジタル一眼に負けないレンズや撮像素子を搭載しており、画質も決して見劣りするものではありません。

そんな高級コンデジの中から4台をピックアップ。ただ機種名を羅列するだけでは無責任なので、出来る限り実写サンプルを掲載してみました。参考になれば幸いです。

FUJIFILM XQ1・XQ2

このブログでも長い間メインのカメラとして使っている、富士フィルムのXQ1。魅力はなんといっても富士フィルムらしい色の美しさです。

DSCF1509

透明感のある葉っぱや水の描写は、他のメーカーでは見られないもの。

DSCF2587

夕暮れや黄昏の色再現も独特の美しさがあります。

撮像素子は2/3インチと、今回紹介するコンデジの中ではもっとも小さいものですが描写力は十分。価格が安いというメリットもあります。

FUJIFILM プレミアムコンパクトデジタルカメラ XQ2 シルバー XQ2S

FUJIFILM プレミアムコンパクトデジタルカメラ XQ2 シルバー XQ2S

現在は後継機のXQ2が市場に出ていますが…正直、違いがよく判らない(汗)。新しいフィルムシミュレーションが追加されたくらい?中古のXQ1を狙ってみるのもいいかもしれません。

SONY RX100シリーズ

現在の「高級コンデジ」ブームの火付け役といっても過言ではないソニーの大ベストセラー、RX100シリーズ。現在4まで出ていますが初代機が未だに現役で売られているというのがすごい。

RX100_1

お正月の靖国神社。空のグラデーションが綺麗。ノイズもあまり目立ちません。

RX100_2

お台場ガンダムを望遠側で。ディテールの描写もさることながら、階調の表現がとっても豊かです。

RX100シリーズは初代〜4に至るまで様々な機能が追加されてきました。2以降はWi-fi経由の撮影や画像転送に対応しており、今買うのなら2以降がおすすめです。

CANON Powershot G7X

キヤノンが打倒RX100シリーズとばかりにリリースしたのがこのG7X。1インチのセンサーに自撮りも可能なバリアングル液晶、さらにはWi-fi対応ともう「全部入り」感のすごいコンデジです。

G7X_1

茨城空港に展示されているF-4ファントム。撮影した日はあいにくの曇り空だったんですけど、空はもちろん機体の色も忠実に再現されています。

G7X_2

忘年会で出た料理(^^; ホワイトバランスは室内の印象見たままの感じで。
ブロガーさんは料理の写真を撮ることも多いと思いますが、このG7X、料理写真を撮るには最適のカメラだと思います。望遠端でも最短撮影距離が40cmと結構寄れるし、必要以上にぼけるという事もなく自然な感じに仕上がります。

値段的には大体5万円代かな?同等の機能を持つRX100シリーズより安めなのもいい所ですね。

RICOH GR・GR II

APS-Cサイズのセンサーを搭載した、高級コンデジの大御所。GR IIではWi-fiにも対応し、さらに撮影の幅が広がりました。

R0010020

銀座のスナップ。なぜかGRだとこういうスナップを撮りたくなる(笑)。、不思議な魅力のあるコンデジです。

GR_2

汁なし麺を撮影しました。GRはズームは無いのですが、クロップモードと呼ばれる機能で35mm相当、47mm相当での撮影が可能。自然な画角で料理の撮影をすることができます。

結論:迷ったら買おう

というわけで年末年始に使いたい高級コンデジ4機種を作例付きで紹介してみました。気づいた方もいるかもしれませんが、このクラスの特徴として「数年前の機種でも見劣りしない」というのが挙げられます。下手をすりゃデジタル一眼の方がサイクルが早いくらい。レンズ一体型の強みでもありますね。年末のボーナスで狙ってみるのもいいかもしれません。

ではでは、またー。