茨城ガジェット部

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城ガジェット家

茨城県水戸市でブログを書いています。カメラやガジェット、子育ての話題が中心

出産後三日目のお祝い、みつめのぼたもちは関東限定の風習?

茨城 子育て

赤ちゃんが生まれると、いろいろなお祝い事を行いますよね。地域によって微妙に内容が違っていて、他所の人には「何それ」と思われるものも。  

さて、茨城県でよく行われる行事に「みつめのぼたもち」というものがあります。
皆さんの地方では聞いたことがあるでしょうか。

photo by framboise

http://www.tradition-japanese.net/baby/ricecake-dumpling-stare/

みつめのぼたもちという赤ちゃんの行事を聞いたことがありますか? 関東地方でよく行われている行事。と言われています。 特に、茨城県で行われているとのことなのですが、 子供が産まれてから3日目に乳が沢山出来るようにという願いを込めて、母親にぼた餅を食べさせる風習があるんです。 母乳ははじめはなかなか出ません。 何日かたってようやく出るようになったと、経験をされたお母さんも多いでしょう。 赤ちゃんに沢山母乳を飲ませて、元気に育ってもらいたいですよね。

子供が生まれたときに親戚一同に配るもの、というイメージがあったのですが、赤ちゃんのお母さんに食べさせるもののようです。

茨城の和菓子屋さんであれば、「みつめのぼたもち」といえば大抵用意はしてくれるんじゃないかな?普通のぼたもちよりサイズも大きいし、配る分もあるので予約しておいた方がいいとは思いますが。

娘が生まれて今日が3日目にあたるため、私の両親は親戚にぼた餅を配っていたようです。

広告

母乳が出るため以外の理由もあるようです

7日目に命名をする。という方も多いと思いますが、みつめ3日目に命名をするということも多かったとのこと。 また、赤ちゃんが産まれてからはじめて、3日目にお風呂に入るという風習もあったことから、 ちょうど3日目は節目の日だと考えられていたとのことです。 そのため、みつめのぼたもちを食べたり、配ったりするようにもなったと言われているとのことです。

3日目にぼた餅を食べるというのは、食べ物があまり潤沢でなかった時代に甘くて栄養価の高いものを食べさせようという事だと思うんですけど、現代だと栄養価高い食べ物がいっぱいあるので、ちょっと形骸的になっちゃってる感じはありますね。

botamochi

ぼたもち と おはぎ の違い

春は牡丹の「ぼたもち」秋は萩の「おはぎ」と区別をする場合もありますが、祝事では「ぼたもち」、仏事で使用するときは「おはぎ」という分け方もあるようです。赤ちゃんが産まれた場合はぼたもちでいいようですね。

どうやら関東地方だけっぽい?

生まれも育ちも岐阜の嫁はこの「みつめのぼたもち」全然知りませんでした。
全国で似たような行事はあると思うんですけどねー。皆さんのところでは赤ちゃんに関してどんな習慣があるでしょうか?

こちらの記事もどうぞ!