茨城ガジェット部

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城ガジェット家

茨城県水戸市でブログを書いています。カメラやガジェット、子育ての話題が中心

「ベイマックス」観てきた!いい意味で予告編詐欺の映画でした。

映画

今年のお正月映画は、なかなかラインナップが豊富です。
その中でも楽しみだったディズニーの新作「ベイマックス」早速観てきました。

かけがえのない大切な人を失った時、ぽっかりと胸にあいた穴はどう治せばよいのだろうか。最愛の兄を失い心に深い傷を負った14歳のヒロの前に現れたのは、何があっても彼を守ろうとする一途な<ケア・ロボット>ベイマックスだった。  日本とサンフランシスコからインスピレーションを得た架空都市サンフランソウキョウを舞台に、壮大なスケールで描かれる二人の絆の物語は問いかける―「優しさで世界を救えるか?」と。素晴らしい奇跡が起こるその瞬間を、ぜひ大切な人と一緒に・・・ http://www.disney.co.jp/movie/baymax.html

ディズニー公式サイトでのあらすじはこんな感じですけど、このベイマックス、ネットで話題になったのが日本版とUS版の予告編の違い。

日本版はこんな感じで、ベイマックスとの出会いや優しさをイメージしています。

一方US版はこんな感じ。 原作のマーベル・コミックス「Big Hero 6」を思わせる、アクション中心の作り。コミコン用ってのもありますが。

それぞれの国で「こんな風に観て欲しい」っていうのがぜんぜん違うんだなぁと思うのと同時に、これって予告編詐欺じゃないの?という感じもしたのですが…。

感想(ネタバレなし)

本編を観てみると、見事に両方の要素がバランスよくミックスされています。
どちらも予告編として嘘はないし、しかも本編の質も良いという滅多にないパターン。

ストーリーとしては割りと王道の戦隊ヒーローもの。
ロケットパンチやチームプレイ、そしてラストなど、なんだか昔の王道アニメを見ている気分でした。初期の頃の映画版ドラえもんみたいな感じ。
私が小さい頃は、こういうまっすぐで大人の視聴にも耐えうるアニメって結構あったような気がしますね。

最新のCGアニメなのにどこか懐かしい「ベイマックス」誰にでもオススメできる作品でした。

f:id:hirohiroslope:20141223231735j:plain

引用:http://img2.wikia.nocookie.net/

最近の原作コミックはこんな感じ。かなり日本のMANGAっぽいですね。

ベイマックス アーマーアップベイマックス

ベイマックス アーマーアップベイマックス

ベイマックス ビッグヒーローぬいぐるみ ベイマックス

ベイマックス ビッグヒーローぬいぐるみ ベイマックス