茨城ガジェット部

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城ガジェット家

茨城県水戸市でブログを書いています。カメラやガジェット、子育ての話題が中心

ベビーサークルを自作したよ!簡単で拡張性が高くおすすめ。

ライフハック 子育て OLYMPUS AIR

ずりばいを始めた娘のためにベビーサークルを自作しました。難しいイメージがあったけど実際作ってみると意外に簡単。拡張性も高そうなので作り方を紹介します。

IMG_4135

娘が生まれて8ヶ月、ずりばいで移動するのが激しくなってきました。床には電源コードなんかもあるし、なんとか娘を安全なエリアに置いて置かなければなりません。

調べてみると赤ちゃん用のガードにはドアなどに付ける「ベビーゲート」、赤ちゃんを中に入れるタイプの「ベビーサークル」などがあるようです。我が家の構造的にはベビーサークルの方が便利そうなんですけど

これらの商品は強度なんかも考えられてて良さ気なんですが、いまいち大きさ的に満足できるのがなかったんですよね。なら作ればいいじゃない、というわけでホームセンターで材料を買ってきました。

IMG_3604

今回購入したのは「イレクターパイプ」というもの。一見プラスチックですが中は鉄パイプなので強度はかなりあるのです。パイプとジョイントを必要な分購入します。

Amazonで購入する場合はこちら

楽天で購入する場合はこちら

IMG_3615-2

パイプやジョイントを無駄なく揃えるには、簡単でいいので設計図を書いてみること。ウチの現場監督が厳しくチェックしております。

広告

IMG_4137

ジョイント部分は結束バンドで固定します。取り外して形を変えたいという時にも便利。

IMG_4138

ワイヤーネットは100円ショップでまとめ買いしたもの。コスパ良すぎ。こちらも結束バンドで固定すれば、強度はかなりのものになります。

IMG_4142

そんなこんなでパーツを組み上げて、見事ベビーサークルが完成しました。大人が入っておむつ替えなどの作業をするのにも十分なスペースを確保できています。
メリーにつけたサボさんが眩しいぜ。

IMG_4171

そして今回のポイント!クランプマウントをつけて簡易的な監視カメラに。OLYMPUS AIRなら遠隔操作で電源オンオフができるので、固定カメラとしてはうってつけです。実際、この状態で使ってみるとものすごく便利。カメラを意識させないので赤ちゃんの自然な表情が撮れました。OLYMPUS AIRってこう使うんだなと改めて感心した次第です。

というわけで、ベビーサークルを自作したという記事でした。思ったより簡単で楽しいので試してみてはいかがでしょうか。ではでは。

子育てアイテム関連の記事はこちら

www.hirolog-ibaraki.net

www.hirolog-ibaraki.net