茨城ガジェット部

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城ガジェット家

茨城県水戸市でブログを書いています。カメラやガジェット、子育ての話題が中心

WiMAX 2+ 史上最大のタダ替え大作戦に申し込んでみた

ガジェット WiMAX

私が現在使っているモバイルwifiルータは、WiMAXのWM3600R(NEC製)です。2年間酷使しまくって、いい加減バッテリーの持ちも悪くなってきています。さらに致命的な事にはUSBコネクタの接触があんまりよろしくなく、ケーブルに微妙な角度をつけて繋げないと充電されないような状況。
もうそろそろ新しいものに買い替えたほうがいいかな、と思っていたところにタダ替え大作戦キャンペーンのお知らせが来ました。

WiMAX/WiMAX 2+/LTE!!ライフスタイルにあわせて選べる高速通信。

「WiMAX 2+ 史上最大のタダ替え大作戦」の実施について | UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+ WiMAXサービスを既にご契約のお客様は、契約解除料、登録料、端末代金が無料で、お好みのWiMAX 2+対応ルーター※3※4に交換することにより、その時点から2年間、月額3,696円(税別)※5でWiMAX 2+サービスを使い放題※6でご利用いただけます。

茨城県の対応エリアを調べてみた

とは言うものの、自分の住んでいるところがWiMAX2+に対応していないとあんまり意味がありません。
以前嫁がNEXUS5と格安SIMを購入する時に調べたことがあり、その時は茨城県内でWiMAX2+に対応したエリアは取手とか守谷などの千葉寄りの県境の地域だけ。これでは端末変えてもあんまり意味ないなーとその時は思っていたのですが、今回2014年10月末時点でのエリアを調べてみると

wimax02

水戸市いけるやん!
これは乗るしかないこのビッグウェーブに、ということでキャンペーンに申し込むことにしました。

とりあえず契約書を送ってみた

ここでちょっと解説。 一口にWiMAXと言っても、いろいろなMVNO(通信事業者)がサービスを提供しています。主体はUQコミュニケーションのUQ WiMAXですが、他にもこんな感じで色々なWiMAXがあります。

wimax01

で、私が契約してるのはダイワボウ情報システムの提供しているDIS WiMAXサービスです。MVNOによって契約の縛りなどが微妙に違うので選ぶ時は気を付けたほうがいいかも。

タダ替え大作戦キャンペーンに申し込む方法も結構バラバラみたいで、UQ WiMAXではオンラインですべて登録できるみたいですが、私の使っているDIS WiMAXはコールセンターに電話して申込み書を送ってもらう、なんともアナログ的手法。

とりあえずコールセンターのお姉さんは親切でした。
注意点として言われたのが、来年220Mbpsのサービス開始するけど今の端末では対応してないよ、そのサービス使いたい時は端末替えなきゃなんないよ(意訳)ということ。
うん、どうせ水戸市近辺は来年どころか数年後の対応だろうから大丈夫です。

WiMAX2+関係の記事も順次書いていきます

DSCF2573

そんなわけで契約書を郵送してあとは端末が来るのを待つだけです。なんか久々にガジェット系の記事を書いた感じがするね。

モバイルルータのなかでもWiMAXは特にエリアの範囲が極端で、ハマると爆速ですがちょっと移動すると…(察し)ということもよくあります。

水戸市みたいなそこそこの地方都市でどのくらい使えるかというのは結構重要な指標になると思うので、いろいろな場所やシチュエーションで試していきたいですね。