茨城ガジェット部

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城ガジェット家

茨城県水戸市でブログを書いています。カメラやガジェット、子育ての話題が中心

毎秒30コマ!日立市かみね動物園で4Kフォトを試してみた

カメラ 茨城

ゴールデンウィークも後半戦に。家族サービス、という事で日立市のかみね動物園に行ってきました。

動物を撮る!という事でいままであまり使うことのなかった機能「4Kフォト」を試してみることにしました。パナソニックのデジカメに搭載されている、4K解像度で撮影された動画から800万画素相当の静止画を切り出す機能です。

日立市かみね動物園

今回使用したカメラはこちら、パナソニックのDMC-FZ1000。

レンズ一体型で1.0型のセンサー搭載、光学16倍ズームが可能で4K動画も撮影できるというてんこ盛りスペック。仕事でも使っている頼れるワークホースです。

P1850589

いくらゴールデンウィークとはいっても地方の動物園だからそこまで混んでないだろ、などと思ってたらこれが甘かった。動物園に入るまでとにかく渋滞、また渋滞。園内も親子連れが多かったし(あ、これはウチもか)。すみません、GWナメてました。

P1850577

この日は真夏日かと思うくらいの陽気になりました。突然のこの気温に動物たちもちょっとバテ気味だったかな?カバさんはマイペースでのんびり日光浴。

P1850574

チンパンジーはグデーッと昼寝&毛づくろいをしていました。すげー気持ちよさそう。

P1850602

水のあるところで飼育されているフラミンゴは快適そうでした。

P1850635

動物園に隣接されている遊園地。ものすごい昭和のかほり漂うこの遊園地も、今日は家族連れでいっぱいです。

P1850626

園内にこの人形がバリバリ現役で並んでいるところにとてつもない凄みを感じる。色も綺麗に塗り替えてあるっぽいし。今の子達はわかるんだろーか。

パナソニックデジカメの4Kフォトを試す

ここからが今日の本題、4Kフォトで撮影した画像です。

4Kフォトとは?

FZ1000の4K動画は3840×2160の画素数で30コマ/秒の記録を実現。 FZ1000で動画を撮影し決定的瞬間を約800万画素の静止画として切り出すことで、4Kの高画素を活かし、今まで写真で捉えきれなかった瞬間を作品にすることができます。FZ1000の4K動画撮影だから実現できた、新しい写真作品の作り方です。 再生中に一時停止して[MENU/SET]ボタンを押せば、狙ったタイミングで高画質な800万画素の静止画を切り出せます。

動画|DMC-FZ1000|デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)|Panasonic

言ってしまえば動画の切り出しなんですが、4Kの解像度があれば静止画も800万画素相当の高画質。さらに静止画に書き出す際に、絞りや焦点距離、シャッタースピード等のExif情報も書き込まれるというすぐれものです。

IMG_3304

FZ1000で4Kフォトモードを使う場合は、ファームウェアを2.0にアップデートする必要があります。
4Kフォトモードを選ぶと、このように画像のアスペクト比を選ぶことが可能。シャッタースピード・感度も静止画に最適化されます。

P1850636

というわけで4K動画から切り出した、4Kフォトがこちら。毛の描写が思った以上にクリアです。800万画素相当とはいえ、かなりの解像度。

P1850638

キツネザルが一瞬困っているような顔をしたので、その瞬間を切り出しました。こういう事ができるのは文句なく楽しいのですが、このキツネザル、素早くちょこちょこ動くのでフォーカスを合わせるのが思った以上に大変。不規則に動く被写体で使うのはなかなか難しいかも。

P1850642

逆にある程度動きや軌道がわかっている被写体を連続で捉えるのには役立ちます。メリーゴーランドに乗っている子供などは待ち構えていて撮ればいいので楽チンです。

P1850646

動きが読める被写体、というと鉄道でしょうか。まあこれは遊園地のSLですけど(笑)実際の電車を撮るのにもかなり使えそうな感じがしました。私別に撮り鉄ではないんですけど、ちょっと試してみたくなったりして。

P1850649

ここでちょっと意地悪な実験。「4Kフォト機能を持つデジカメ同士で、別のデジカメで撮った4K動画から4Kフォトは作れるか?」
答えはイエスでした。FZ1000で撮ったSDカードをLX100に入れて、4Kフォトの書き出しを行ったのが上の画像。Exifのカメラ情報がLX100になっています。

だからなに?と言われると困るけど、まあこういう事もできるというトリビアでした。

4Kフォトは面白いけど使いどころが難しい

というわけで4Kフォトを使って動物園・遊園地の撮影をしてみたわけですが、やはり「瞬間を切り取る」写真の撮影とはまったく感覚が異なります。かと言って動画を撮影しているともまた勝手が違う、面白いような違和感があるような不思議な感じ。

私は写真・動画両方やっている人間なので面白いなあとは思うんですけど、写真専門でやっている人には受け付けない感覚だろうなぁと。

あとは「ベストショットってなんだろう」という感覚に襲われます。1秒間に30コマ撮影しているので、3秒ちょっと撮っただけで100コマを軽く超えることに。その中でベストの一瞬ってなかなか決められないですよね。

パナソニックもその辺は考えているらしく、この春発売の新機種では4Kフォトの新しい使い方を提示してきました。例えばこの、フォーカスセレクト機能。

画面をマルチAFと同じ49エリアに分けて、高速AF(空間認識AF)で被写体のフォーカスポイントを瞬時に算出。4Kフォト機能を利用して、近(Near)から遠(Far)へフォーカスポイントを変えながら連続撮影することで撮影後にピント合わせができ、好きなフォーカスポイントの写真を自由に選べます。また、ピンボケによる失敗写真を減らすこともできます。

4K PHOTO|DMC-TZ85|デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)| Panasonic

新しい機種の4Kフォトはまだ使ったことないですけど、この辺りの使い勝手も実際に試してみたいところです。

というわけで、日立市かみね動物園で4Kフォトを撮ってみたという記事でした。ではでは、またー。