茨城ガジェット部

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城ガジェット家

茨城県水戸市でブログを書いています。カメラやガジェット、子育ての話題が中心

インフルエンザA型に罹りました

雑記

2日ぶりの更新です。本日お医者さんに行ってインフルエンザの検査をしたらA型陽性と言う検査結果が出ました。

体調自体はもう良くなっているのですが、まだウィルスを保持していると言うことで数日間の隔離ということになりました。

早めの検査と対処が大切です

photo by Another Ashia... -

数日前、喉が痛くなって「風邪かな?」と思っていたのですが、その後38度超の熱は出るわ悪寒はするわ喉が渇きまくるわ。

インフルエンザの検査をしたいと言うことをあらかじめ伝えた上でお医者さんに行くと、通常とは違う診察室に通されました。やはり院内感染などを防ぐためでしょうか。この時点でちょっとビビる私。

小さい綿棒のようなものを鼻に突っ込んで粘膜を取ります。コイツがかなり容赦なく奥に入れられるので、鼻から口のほうに出ちゃうんじゃないのって思う位。

採取した粘膜を謎の液体につけて、検査キットに垂らして待つこと10分。 最初は反応らしい反応も出てこなかったので、お医者さんもただの風邪だろうかねと言っていたのですが、最終的な結果を見てちょっと顔が曇りました。

A型の判定のところに非常にうっすらですが、ラインが出来ています。いわゆる陽性というやつです。あまりありがたくないビンゴです。

体温も38度位だったので、そこまでひどい症状ではないと言う事でしたが、いやいやこの2日間どんだけフラフラクラクラしてたと思ってんのよ。とゆうかあのラインの薄さでここまで苦労するのか、と考えると怖くなってしまいました。

結局その場で吸引式のインフルエンザ薬(後で調べてみたところ三共製薬のイナビルという薬らしいです)を処方してもらいました。口から吸うタイプの薬は初めてです。

最後にお医者さんに言われた事は、マスク、うがい、手洗いが一番大事ということ。基本中の基本なんですけど、できてないことが多いですよね。

このブログを読んでいる方も、ちょっと風邪かなと思ったらかかりつけのお医者さんに相談してみてください。早めの対処が1番です。

そして一旦かかってしまったら、何よりも安静にして、他の人に感染させないことを第一に考えた方がいいです。 特に今年のインフルエンザA型の感染力はものすごいらしいので。