茨城ガジェット部

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城ガジェット家

茨城県水戸市でブログを書いています。カメラやガジェット、子育ての話題が中心

ひたちなか海浜鉄道でネモフィラを見に行こう@国営ひたち海浜公園

茨城 カメラ

ゴールデンウィーク突入!といっても結婚式の準備があるのでのんびりはできません。
日帰りでちょっといい観光地、といえばこの季節はなんといっても国営ひたち海浜公園の「ネモフィラの丘」です。
今回は渋滞を避けるために「ひたちなか海浜鉄道」で行ってみました。
ゴールデンウィークの後半は、道路も特に渋滞、混雑が予想されます。
JR勝田駅前の市営駐車場(ここは比較的空いています)に駐車をして、ひたちなか海浜鉄道で公園まで行くのが最終的には楽なのではないか?と思います。

ひたちなか海浜鉄道 湊線

ひたちなか海浜鉄道湊線は、勝田駅から阿字ケ浦駅までの14.3kmを結ぶローカル線。沿線ののどかな雰囲気や各駅のなんとも言えない味が堪らない路線です。
とはいえ、GWという事でかなり乗客は多かったです。それ以上に目を引いたのが沿線の「撮り鉄」さんたち。その筋ではかなりの人気路線なんですねー。

ネモフィラの丘を見てみた

阿字ケ浦駅から国営ひたち海浜公園まではシャトルバスが出ています。
バスの入り口から歩いて15分ほどでネモフィラの丘へ。
歩いていると遠くに丘が見えるので、最初は「あれ、あんまり大した事ないかも」と思うかもしれません。
しかし丘の近くまでくるとビックリ。まずはネモフィラの量に圧倒されます。正直なめてました( ゚д゚)
写真に撮ってみると、空と区別がつかなくなるネモフィラの青さに改めて感動します。

混雑すごいです

さて問題はここから移動する時。園内の移動手段としては徒歩の他に「シーサイドトレイン」という乗り合いバスがあるんですけれども、こいつが激混みです。
体力的に問題がなければなるべく徒歩がいいんですが…。
歩くにしろ、バスを待つにしろ水分補給は確実にしておきましょう。

一度は見ておくべき

GWの時期は人も多いですけれども、ネモフィラが丘を埋め尽くしている様は一度はみておいたほうがいいと思います。近くに寄ると一つ一つは小さな花というのがわかり、ますます感動しますよ!