茨城ガジェット部

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城ガジェット家

茨城県水戸市でブログを書いています。カメラやガジェット、子育ての話題が中心

【40男の結婚式】おっさんが慌てなくても大丈夫なウェディング用語6つ

結婚
嫁と結婚式の話をしていて一番感じるのは、いわゆる自由婚についての感覚が違うなあということ。なんというか、従来の枠にとらわれてないなという感じ。
僕らの世代だと通常のものに対してカウンターみたいな感じのものがあるんですけど、そういうのともちょっと違っていて、本当の意味で発想が自由なんだなあと思います。


打ち合わせをしていると、しばしば「なんすかそれ」的な用語が出てくることがありましておっさんとしてはジェネレーションギャップを感じてしまうことが多々あるのです。今回はそんな言葉を幾つか紹介してみたいと思います。これで自分の式の時はもちろん、友人の結婚式で何かしら頼まれた時でも「お、おう」ってなることはないね!

ブライズメイド

新婦さんのサポートをする人
もともと花嫁を悪魔から守るために、お揃いの衣装をきて悪魔を目を惑わしたということらしい。
悪魔けっこー目悪いんだな。
新郎の先導とか、結婚証明書を持ったりとか、そんな感じ。

アッシャー

ブライズメイドの男版(ひどい)
アッシャーもブライズメイドも本来はキリスト教式でやるものなのかな。

パールシャワー

いわゆるフラワーシャワーのパール(真珠)版。なんだか豪勢な話だけどこのパール、場合によってはピアスとかネックレスなどのアクセサリーにしてプレゼントしてもらえるみたい。縁起物だね!まさに金銀パールプレゼント状態。

ワンショルダー

おっさんはカバンのことかと思いました。片方だけ肩が出ている(つまり片方だけ隠している)状態のドレス。つまりザクです。セクシーだけど着る人を選びます。

ペーパーアイテム

ようするに招待状も含めた印刷物なのですが、これ結構予算がバカになりません。特に僕みたいなデザイン業界の人間がやる場合、式場とかでもこのあたりすごく軽く見積もる傾向にあります。気をつけろ。

撮って出し(ビデオ)

式の様子をずっと撮影しながら同時に編集し、終了時にエンドロールとして流すこと。
これは完全に専門業者の分野になるので、うちの会社ではやってませんが
あえて言えばホーリーホックの試合ダイジェストが近いかもしれない。スピード命です。
反対語は完パケでいいのかな。