茨城ガジェット部

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城ガジェット家

茨城県水戸市でブログを書いています。カメラやガジェット、子育ての話題が中心

【結婚式】席札を作るのに「宛名職人」が最高にアツい!

iPhone 結婚 WiMAX Mac

こんばんは、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか。私はどこにも行かずに結婚式の準備でした。引きこもってペーパーアイテムを作成するのもいいものですよ?

この手のペーパーアイテムで厄介なのが、席次表と席札。特に席札は簡単そうに見えて量があるので結構大変です。
こういった名前の印刷を行うのは「差し込み印刷」と言って、Wordなどではよくある使い方ですが、Macでやろうとすると意外とアプリがないのです。
Mac版のワープロソフト、Pagesでは前のバージョン(Ver.4)までは対応していた機能なんですけれども、なぜか最新版では削られてしまっています。どうしてこうなった。

仕方が無い、何かないかと探していたら、ありました。というか購入していました。
年賀状の作成用に、一年に一度しか使っていなかった「宛名職人」です。

宛名職人ここがアツいその1 敬称の設定が簡単!

新郎新婦の親は敬称無し、普通は様、恩師は先生などの「敬称」を選ぶ設定が基本機能として搭載してあります。
ポップアップメニューから選ぶだけという簡単さ。

宛名職人ここがアツいその2 住所録とレイアウトが連動!

住所録(今回の場合はゲスト一覧ですが)の名簿を選んでレイアウトができるので、文字間などをすぐ確認出来ます。
はがき以外の大きさの紙もレイアウトできるので結構フレキシブル。

宛名職人ここがアツいその3 印刷した人がすぐわかる!

印刷終了後、「印刷済みマーク」を付けるかどうかのダイアログが出てきます。
印刷の漏れや「どこまで印刷したんだったかな〜?」というのを防ぐことができます。

どーでしょう。確かにニッチなソフトではあるんですけれども、その分使い勝手は抜群。伊達にバージョン20まで行ってるソフトではないですね。

自動的に印刷されて行く席札たち。まさに科学文明の勝利である。
そんな訳で席次表の印刷は実質10分ちょっとで終わってしまいました。めでたしめでたし。

【2014年05月23日発売】【送料無料】アジェンダ〔Mac版〕 宛名職人 Ver.20 夏

価格:8,618円
(2014/5/17 22:16時点)
感想(0件)