茨城ガジェット部

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城ガジェット家

茨城県水戸市でブログを書いています。カメラやガジェット、子育ての話題が中心

【奥さんが妊娠したら】風疹の予防接種をしよう 助成される自治体もあって捗るぞ。

ライフハック 家族 子育て

嫁が妊娠してまず最初に言われたのが、風疹の予防接種です。
妊娠中の女性が風疹ウイルスに感染すると、 赤ちゃんの目や耳、心臓などに障害が出る可能性があるらしく、妊婦は予防接種を受ける訳にはいかないので、感染元となりかねない夫の方に予防接種を受けてもらうほうがいいとのことです。

といっても、小中学生の時に色々予防接種を受けましたけど
風疹のをやったかどうかはさすがに覚えていませんでした。

【ストップ風疹】妊娠を考えているなら、早めの予防接種を|ゼクシィnet【ストップ風疹】妊娠を考えているなら、早めの予防接種を|ゼクシィnet
「妊娠中の風疹を防ぐため、昭和52年以降、女子中学生を対象に風疹ワクチンの集団接種が行われていました。ところが、平成6年に予防接種法が改正となって平成7年4月から大きく変わりました。男女中学生と男女幼児が接種することになったものの、学校での集団接種ではなく、医療機関での個別接種となったのです」
親が医療機関に連れていかなければ予防接種は受けられないという状況になり、その結果、中学生の風疹ワクチンの接種率はみるみるダウン。この期間に該当する人、すなわち「昭和54年4月2日から昭和62年10月1日までに生まれた人たちには、風疹の予防接種を受けていない人が多いのです。また、昭和54年4月1日以前に生まれた男性は、これまで1回も風疹の予防接種を受ける機会がありませんでした」

これによると、昭和54年4月1日以前生まれの男性は要注意との事です。
はい私アウトー。
というわけで、妊娠が分かってから間もなく、かかりつけのお医者さんに予防接種を受けに行きました。

ここで重要なポイントが二つ。

  • 医院によっては、風疹ワクチンの在庫がない場合がありますので必ず事前に確認しておくこと。とはいえ、注文すれば割とすぐに用意してもらえると思います。
  • 自治体によっては、予防接種に助成金を出している所がありますので予め調べておきましょう。ちなみに水戸市は助成がありました(平成26年4月時点)。この場合は、母子手帳が必要になります。


というわけで割と早く予防接種を受けることができました。めでたしめでたし。
なお、ワクチンなので人によっては微熱などの反応が出る事があるようです。一週間くらいは安静にしておいたほうがいいかもしれませんね。