茨城ガジェット部

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城ガジェット家

茨城県水戸市でブログを書いています。カメラやガジェット、子育ての話題が中心

EOS M5は最強のパパママカメラなのか?一ヶ月使った感想を語るよ

みんぽす カメラ 子育て

モニター企画でお借りしていたキヤノンの新ミラーレス、EOS M5。早くもレンタル期間が過ぎてしまいました。という事で今回が最後の記事。

一ヶ月お借りしていて、やっぱり一番多く撮っていたのが娘の写真です。最初の頃はいつも使っているパナソニック&オリンパス(まあ、マイクロフォーサーズですな)のカメラと勝手が違っていて、戸惑うことが多かったのですが慣れるとこれがなかなか使いやすい。

娘も新しいカメラに興味津々という感じで色んな表情を見せてくれました。

17914-3898-296832

IMG_0278

可動式の液晶モニタは子供の目線で撮るのに力を発揮してくれます。この写真ではカメラはほぼ地面に着いている状態。

IMG_0294

モニターは180度回転するので、自分撮りにも便利。画面に自分の顔が映っていると、娘も注目してくれます。

IMG_0320

走り回る子供にフォーカスを合わせるのに、「タッチ&ドラッグAF」機能がものすごく役に立ちました。パパママにはとりあえず、この機能だけは試してみてほしいな。

f:id:hirohiroslope:20161202205656j:plain

ファインダーをのぞいたまま、タッチパネルの操作でピント位置を調整可能。より直感的かつスピーディな撮影が行えます。

キヤノン:一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ EOS M5|操作性

IMG_0324

個人的にはあまり連写機能は使わないんですが、ちょこちょこ動き回る子を連写してみると意外な表情が撮れていることがあります。低速連写(4コマ/秒)でも十分。

IMG_0742

ホテルのクリスマスツリーを眺める娘。こんなに大きいのを見るのは、多分はじめて。

IMG_0738

こうやってお父さんと遊んでくれるのも、あとどの位かなぁ…などと考えてしまう今日この頃。

軽さと速さは最高!後はバッテリーの持ち

パパママが使うカメラとして、どこにでも持っていけるEOS M5のこの大きさは正義です。通常の一眼レフだとなかなかこうはいきません。AFもサクサク合ってくれるので撮影時のストレスはほとんどなし。

キットのズームレンズも勿論使いではあるのですが、子供のポートレート用に明るい単焦点レンズが一本あるとさらに絵作りの幅が広がりますね。

Canon 単焦点広角レンズ EF-M22mm F2 STM ミラーレス一眼対応

Canon 単焦点広角レンズ EF-M22mm F2 STM ミラーレス一眼対応

EF-M22mm F2 STMは明るくてコンパクトなパンケーキレンズ。スナップ撮影には最適です。

一方、なんとかしてもらいたいのは(これ何回も書いてますけど)バッテリーの持ちが悪いこと。旅行なんかで使っていると大体半日くらいでなくなってしまいます。せめてUSBで充電できればいいんだけどねえ。予備のバッテリーは1,2個、絶対持っていた方がいいです。

Canon バッテリーパック LP-E17

Canon バッテリーパック LP-E17

という訳で一ヶ月に渡ってモニターしてきたEOS M5。子供がいるのでちょっと本格的なカメラを持ちたいけど、あまり大きな荷物にしたくないというパパママにはうってつけのカメラだったよ、というまとめにて締めさせていただきます。

IMG_0203

では、ばいばーい。

17914-3898-296832

EOS M5まとめ記事はこちら!

www.hirolog-ibaraki.net

EOS M5のレビュー&実写サンプルまとめ

カメラ モニター企画 みんぽす

2016年11月25日に発売されたキヤノンのミラーレス、EOS M5のレビューと実車サンプルのまとめです。

記事は随時追加していきます。

まずはオフィシャルサイト

cweb.canon.jp

ニュースサイトでのレビュー

当ブログでのレビュー記事

みんぽす様より機材の提供を受け、発売前に試用してみました。

キヤノンで行われたモニターイベントの様子

www.hirolog-ibaraki.net

www.hirolog-ibaraki.net

実機での撮影レビュー記事

筑波山

www.hirolog-ibaraki.net

いちょう並木のライトアップ(高感度撮影)

www.hirolog-ibaraki.net

東京ディズニーランド

www.hirolog-ibaraki.net

子供のスナップ

www.hirolog-ibaraki.net

動画撮影機能レビュー(Youtube)

キャノン公式

Engadget Japanese

予備バッテリーは必須です。

Canon バッテリーパック LP-E17

Canon バッテリーパック LP-E17

EOS M5で撮る!東京ディズニーランドのクリスマス

カメラ みんぽす モニター企画 旅行

発売間近のキャノンの新ミラーレス、EOS M5をモニター試用してみた第三弾、今回は東京ディズニーランドです!

17914-3898-296811

2016-11-22_08-31-07_010

水戸から2時間半くらい、娘の誕生日祝いということでやってきた東京ディズニーランド。実は私、小学生の時以来約30年ぶりに来たのです。開門前の入場待ちですでにこんな感じ。半端ねえ。

2016-11-22_11-55-53_940

現在「クリスマス・ファンタジー」開催中ということで園内はクリスマス一色。

2016-11-22_09-32-32_860

前日の夜に雨が降ってちょっと不安だったんですけど、当日は朝から天候が回復してきました。お昼頃は暑くて汗をかくくらい。

2016-11-22_09-53-35_480

なんせ30年ぶりなので右も左もわからない私。嫁が気合入りまくりで、アトラクションの周り順やファストパスの登録をしっかりとシミュレーションしておりました。

2016-11-22_10-03-52_240

対して娘はディズニーのキャラクタをようやく認識してきたレベルなので、アトラクションよりもこういった遊具に夢中。

子供目線で撮影する時は可動式のモニターが役に立ちますね。

2016-11-22_09-56-48_200

子供と一緒の時は、ミラーレスのコンパクトさが何よりの正義です。人が多い場所だとなおさら。

2016-11-22_10-07-01_620

むっちゃいい天気になって、撮影するのも楽しい!色の再現性もいい感じです。

2016-11-22_14-46-52_260

娘はなぜかこの「ミニーの家」にドはまり。帰りたくない!と最後は泣きながらの退散となりました。

2016-11-22_10-30-00_380

完全に逆光のシチュエーションですが、暗い所の階調もしっかり残っています。EOS M5のダイナミックレンジは相当広そう。

2016-11-22_10-37-19_160

シンデレラ城はどの角度から撮っても絵になるなぁ。

2016-11-22_10-42-36_400

「ホースシュー・ラウンドアップ」は、トイ・ストーリーのウッディ保安官達の歌と踊りを観ながら食事をとれるという豪華なショー。これ席を予約するのに苦労したんですよねー。

2016-11-22_11-21-09_940

2階の席だったんですけど、ステージ全体が見渡せるので良かったかも。

ステージに照明が集まるこのようなシーンでは、スポット測光を使うと効果的です。

2016-11-22_13-35-55_750

ファンタジーランドは、30年前に来たころからあまり大きくは変わっていないので安心感があります(笑)。

2016-11-22_13-45-39_760

シンデレラ城とダンボ。低速連射でちょうどいい位置に来たものをピックアップしました。

2016-11-22_15-18-36_730

プーさんのハニーハント、乗り物にレールがついていないのがまずびっくり。ちょっとイッちゃってる世界観も最高です。おすすめ。

2016-11-22_16-09-30_880

夕暮れ近くのパレード、望遠ズームのEF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STMに変えての撮影です。

Canon 望遠ズームレンズ EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM ミラーレス専用 EF-M55-200ISSTM

Canon 望遠ズームレンズ EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM ミラーレス専用 EF-M55-200ISSTM

2016-11-22_16-10-30_930

このレンズ、明るさはちょっと足りませんがコンパクトでよく写る。AFもこういった被写体であればサクサク合うのでストレスを感じません。

2016-11-22_16-21-12_620

「アナと雪の女王」のエルサさん。夕暮れの感じがうまく表現できました。

2016-11-22_16-34-26_230

2016-11-22_16-37-07_560

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいますね。まだ娘が小さいので夜になる前に帰ることと相成りました。エレクトリカル・パレードが楽しめるようになるのは何歳くらいかなぁ。

2016-11-22_16-51-20_530

EOS M5の使用感ですが、とにかくコンパクトで軽い、しかもよく写るというのはいいです。人が多いところを子供連れで撮影するのにはもってこい。標準レンズでも十分すぎるくらいのパフォーマンスを発揮してくれます。

問題はやはり、バッテリーの持ちかな。夕方ごろからだましだまし使ってなんとか帰るまで使えましたけど、安心して撮影するには予備のバッテリーが2〜3個はあったほうがいいですね。USB充電に対応してくれればホントはいいんですけど、キヤノンはこの辺りなぜか消極的なんだよね。

Canon バッテリーパック LP-E12

Canon バッテリーパック LP-E12

参考にしたブログ

今回EOS M5での撮影をするにあたって、つるたまid:maphotoさんのCamera Storyを参考にさせて頂きました。東京ディズニーランド&カメラブログといえばなんといってもここ。役立つ情報がいっぱいです。

camera.one-cut.net

というわけでEOS M5で撮る東京ディズニーランドのクリスマスでした!ではでは、またー。

17914-3898-296811

EOS M5まとめ記事はこちら!

www.hirolog-ibaraki.net

EOS M5で暗所撮影:茨城県立歴史館のいちょう祭りを撮る

みんぽす カメラ DJI OSMO 茨城

このブログでは毎年恒例になっている、茨城県立歴史館のいちょうライトアップ。今年(2016年)も開催されるという事で、お借りしているEOS M5で撮影してきました!

17914-3898-296793

IMG_7757

昼間の歴史館はこんな感じ。日本三名園のひとつ、偕楽園のすぐそばにあります。

いちょう祭りは11月1日〜23日まで行われますが、その中でライトアップが行われるのは10日〜13日の間だけ。何気に貴重なのです。

IMG_0483

EOS M5を持って夜に再び来てみると…うーん人が多い。11月半ばの割には比較的暖かかったせいもあるかな。

IMG_0480

ライトアップの光は結構強いので標準レンズのEF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STMで十分対応できます。

ISO400だとさすがにノイズは少ないね。三脚を使用しての撮影です。

IMG_0488

いちょう並木をちょっと横から見た感じ。この角度で撮っている人があまりいないんですけど、私的にはおすすめの構図です。

IMG_0486

思い切って感度を上げてみました。ISO25600だとさすがに細部は潰れてしまいますね。

シャッタースピードはなんと1/800秒。ここまで上げる必要は(普通の撮影では)なさそう。

IMG_0509

思ったより高感度いけんじゃね?ということで手持ち撮影に変更。スナップ感覚で夜の撮影が出来るのはホント楽しい。

IMG_0493

ISO6400でもディテールがかなり残っています。ノイズもまあ許容範囲かな。

IMG_0496

望遠ズームEF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STMに持ちかえて、いちょうの葉っぱをクローズアップ。背景の黒が気持ちいい。

IMG_0504

私は望遠レンズってあまり使わないんですけど、たまに使うとこの望遠による圧縮効果がたまらなく楽しいです。

IMG_0508

並木みたいな場所だと望遠圧縮がより強調されていい感じ。

望遠端はF6.3とかなり暗めなんですが、手振れ補正が優秀なので撮影していてストレスに感じることはあまりないです。

IMG_0475

フレンチトーストやホットドッグといった出店も、こういうイベントのお楽しみ。行列が長かったので断念!

IMG_0476

これは今年からかな?建物へのプロジェクションマッピング。最近流行ってますね〜。

何枚か撮ってみたけど、よく考えれば動画で撮ればよかったんじゃん!とちょっと後悔。

ISO3200までは常用できそう

というわけでEOS M5での暗所撮影。状況にもよりますがISO3200くらいまでは十分実用的に使えます。6400を超えるとさすがにノイズが気になるレベルになってきます。

ISO25600は非常用という感じ。とはいえ設定できるだけでも選択肢の幅としてはありがたい。

というわけで、EOS M5で撮るいちょうのライトアップ2016でした。

せっかくなので動画も撮ってみたよ

こちらはDJI Osmoで歩きながらの撮影です。

並木の中を抜けていく浮遊感覚は撮っていても見ていても楽しいんだけど、高感度のノイズはやはり結構きつい。1/2.3インチのCMOSではしょうがないといえばしょうがないですけど、EOS M5と一緒に使うとさすがに「うーん…」という感じになります。

EOS M5まとめ記事はこちら!

www.hirolog-ibaraki.net

過去のいちょうライトアップ記事はこちらから

2015年はこちら

www.hirolog-ibaraki.net

2014年はこちら

www.hirolog-ibaraki.net

17914-3898-296793